Image Alt

Centered

自衛官を退職するという道を選び、真実の語り部という道を歩んできた池田整治氏。
池田氏がずっと伝えてきた「滅びの道から永久の道へ」。
「君と逢える約束の場所」のイメージ動画を見終わった池田氏から、「このアニメを見て、日本の夜明け・世界の夜明け  滅びの道から永久の道・愛の世界への胎動を感じました。」とメッセージがきました。
この作品への想い、そして世界について、真実の語り部 池田整治氏とMARTHの対談になりました。

収録後の感想…
作戦幕僚の思考癖か、今の情勢は「彼ら」の世界統一が成就し、それ故に宇宙の摂理の「反作用」でこの文明は滅びるのではないかと、心配している。
それ故、撮影下では答えにくいと思いつつMARTHに「彼ら」のことを聴いてみた。

すると「私は性善説です」。 そうだった!皆、神の分身だったのだ!^^
これで、ますますはっきりした。このアニメは、2700年前に、愛の国を再建するために
イザイヤー・ナギィードに率られてきたヤマトの、現代文明を愛の地球にするための「神一厘の仕掛け」なのだ。
世界に広めてよいガイアにしましょうー^^
池田整治

「『君と逢える約束の場所』は、芸術と科学とスピリチュアリティを統合した映画である」

これは穏やかで祝福されながらの看取り医療を目指す愛のドクター 長堀優先生からのメッセージです。
外科医という道の中、癌の患者さんたちに出逢うことによって、真のドクターの道を歩み続けています。
MARTHの作品に出逢い「分離分裂の極まったこの世をまとめるのは愛の力です。そのために私たち人類が今、何ができるのか。お聞きしたいです。」という真摯な想いから、この対談につながっていきました。

そして、長堀 優先生に村の長(おさ)であり、ティナの父キシア役を担当していただくことになりました。

「君と逢える約束の場所」アニメの脚本に触れて…

 この映画では「分離の世界から愛と調和の世界へ」という重要なテーマ、つまり破滅の危機に瀕した人類が向かうべき方向性が、美しい映像と音楽により、じつに見事に描き上げられています。ことにクライマックスの感動は圧倒的であり、私はその余韻にしばらく浸り続けました。
 この映画のモチーフである「量子力学」が人類に与えた衝撃の一つは、人間の意識が向かうことにより、素粒子が「波動」から瞬時に
変化し、「物質」として振る舞い始めるという驚くべき事実でした。 人間の意識と素粒子が連動するなどとは、古典的なニュートン力学では説明のつかない出来事です。
 この事実を拡大して考えれば、宇宙に存在する一切衆生は、意識と連動する素粒子を通じて一体化し響き合っているということになります。 科学は、物事を細かく分け「分離」することにより真実を探究してきました。
 しかし、近代科学の粋たる量子力学が導き出した結論が、分離とは真反対である「宇宙の大調和」であったことには驚きを禁じ得ません。 これまで、この星の近代文明を支配してきたのは科学、そして分離、分裂へと向かう意識でした。 その流れのままに、この地球上では分離に伴う支配や争いが極まり、人類は今や破滅の瀬戸際まで追い込まれています。
 この重大な危機を人類が乗り越えるには愛、つまり人間が有する最も大きな意識のパワーを取り戻すこと以外にはありえません。 分離が支配し、破滅へ向かおうとする地球文明を愛や調和で乗り越えられることができるのか、人類は今、史上初めてとも言えるような陰陽相剋極まる壮大な試練に直面させられているのです。
 混沌とした世情を一定の方向に収束させるのは、量子力学に基づいて考えるなら、我々の集合意識に他なりません。 一万年前のような愛に溢れた集合意識を人類が取り戻し、地球の文明が望ましい調和の方向へと向かうために、この映画が果たす役割はとてつもなく大きいであろうことを私は確信しています。
多くの方に見ていただきたいと願っています。

長堀 優

"対談を終えて…"
ありがとうございました。
量子論は、科学とスピリチュアリテイを統合するという
大きな役割を持つ分野ですが、難解さゆえに、これまで芸術に高められることはなかったと思います。
今回、このように芸術と科学とスピリチュアリティを統合したMARTHさんと、この大切な時期にお話ができてとても感激してます。
心地よいエネルギーに包まれた幸せな時間を楽しむことができました。
ありがとうございました。
この映画がたくさんの人に見ていただけるよう願っています。
これからもよろしくお願い致します。
長堀優